桂川 相模川 環境 神奈川県 山梨県 保全活動
 
KatsuragawaSagamigawa Ryuuiki Kyougikai   市民・事業者・行政のパートナーシップによる水環境保全
桂川・相模川流域協議会 
私たちは桂川と相模川の理想像を「清く豊かに川は流れる」とイメージします。     Update   2024/04/16
協議会案内
アジェンダ21桂川・相模川
行事予定表 事業内容 年度活動報告 地域協議会
広報誌
アジェンダ113
流域マップ アーカイブ
(20年のあゆみ)
イベント紹介 カワラノギク
保全活動
              
          プラスチックごみはどこから?
~川から、街から、私たちの生活から~
                           

石倉カゴによるうなぎ等生息調査
環境調査事業 石倉カゴによるうなぎ等生息調査 
2023年度石倉カゴによるうなぎ等調査記録
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

2024年度石倉カゴによるうなぎ等調査日程
※日程変更をすることがあります。参加前に行事予定表で確認下さい。
日程 曜日 開始時間 予備日 曜日 調査場所
第1回 4月22日 10:00 4月23日 相模川左岸 寒川第2樋管地先
第2回 5月6日 月・祝 10:00 未定 相模川右岸 馬入水辺の楽校地先
第3回 5月23日 10:00 5月24日 相模川左岸 寒川第2樋管地先
第4回 6月20日 10:00 6月21日 相模川左岸 寒川第2樋管地先
第5回 7月22日 10:00 7月23日 相模川左岸 寒川第2樋管
第6回 8月18日 10:00 未定 相模川右岸 馬入水辺の楽校地先
第7回 9月17日 10:00 9月18日 相模川左岸 寒川第2樋管地先
※第7回日程変更しました

・2024.04.16 情報提供掲載しました
    神奈川県資源循環推進課が「かながわプラごみゼロ情報」を発信しています
    ※LINEで友だち登録をすると情報が共有できます⇒右欄で確認ください

・2024.04.16 行事予定表サイト更新しました
    第3回流域シンポジウム実行委員会..5/20(月)10:00~
    第2回幹事会..5/20(月)13:30~ ※共にオンライン開催

・2024.04.10 地域協議会サイト更新しました
    4/10(水)相模川湘南地域協議会「2024年度総会」を開催しました。
    ・相模川湘南地域協議会ページで内容が確認できます

・2024.04.04 行事予定表サイト更新しました
    2024年度の行事予定、過去の行事計画が確認できます
    ※第1回幹事会、第2回流域シンポジウム実行委員会開催通知

・2024.04.02 4件の新着情報を掲載しました
    ①相模川さがみ地域協議会事業『石老山散策ツアー』を企画しました
    ②相模川湘南地域協議会事業 『相模川クリーンキャンペーン)』を企画しました
    ③石倉カゴによるうなぎ等調査日程『第7回』の日程変更しました
    ④さがみ地域協議会が相模川神沢河原でカワラノギク種まきを行ないます

・2024.03.30 2件の新着情報を掲載しました
    ①桂川・相模川流域協議会『流域マップ』を改訂して発行ました
    ②会報誌 『あじぇんだ113(52号)』を発行しました

・2024.03.28 2件の新着情報を掲載しました
    ①流域協議会紹介用のポストカードを作成しました
    ②2024年度前期「桂川・相模川流域クリーンキャンペーン」

・2024.03.23 行事予定表更新しました
    ①2024年度流域シンポジウム実行委員会(第2回)、幹事会(第1回)
    ②2024年度石倉カゴによるうなぎ等生息調査(4/22~9/16まで)

・2024.03.21 相模原市立夢の丘小学校の学習支援をしました
    日時:3月8日(金)9:30~11:30 対象:小学3年生(65名)
    内容:カワラノギク保全活動に係る環境学習支援動

・2024.03.17 協議会に関連した内容を更新・掲載しました
    ①安斉俊氏(流域シンポジウムイラスト)イラスト展が盛況開催中
    ②カワラノギク保全作業を「さむかわエコネット」と共同で行ないました

・2024.03.15 【いきイキ『生きもの』イラスト展】のお知らせ
    流域シンポジウムポスターでお馴染みの「安斉俊氏」イラスト(新着情報)
・2024.03.15 湘南野鳥図鑑を掲載しました
    「湘南探鳥マップ・湘南探鳥図鑑」新着情報欄で見ることができます
・2024.03.11 行事予定表更新しました
    ①2024年総会 (予定日追記)
    ②相模川河口美化キャンペーン 5月12日(日)(馬入河口干潟)

・2024.03.07 行事予定表更新しました
    相模原市立夢の丘小学校 環境学習支援  日程:3月8日(金)
    ※カワラノギク保全活動に係る3年生全体の座学と実地作業

・2024.03.04 行事予定表更新しました
    2024年度第1回市民部会 4/6(土)13:00~ サン・エールさがみはら+Zoom
・2024.03.01 相模川湘南地域協議会事業行いました
    「フィールドワーク研修」2/29(木) ※イベントのお知らせで紹介します
・2024.02.23 行事予定表更新(開催案内添付)しました
    ①2024年度流域シンポジウム第1回実行委員会 3/22(金)10:00~12:00
    ②2023年度第9回幹事会 3/22(金)13:30~16:00 Zoomオンライン開催
・2024.02.20 さがみ地域協議会行事を紹介します
    子供たちにツリークライミング講習を行ないました
    日時:2月3日(土)相模原市南区勝坂の「鳩川・縄文の谷戸」の樹林
・2024.02.13 行事予定表更新しました
    オンライン勉強会「水の安全について学ぶ~PFASってどんなもの?」
    日時:3月24日(日)13:00~15:30 Zoomオンライン開催
・2024.02.12 相模川神川橋下流カワラノギク保全活動を紹介します
    ※2月は種まき前の整備作業が中心です...イベントのお知らせでご覧ください

・2024.02.11 全国川ごみネットワーク「オンラインミニセミナー」参加しました
     日時:2月8日(木)19:00~21:00
     講師:栗岡理子さん(環境ジャーナリスト)
     ※講師の栗岡さんから資料の一部について利用許可を頂きました

・2024.02.10 第23回「さがみ自然フォーラム」に参加しています
     日時:2月8日(木)~2月12日(月・祝)...イベントのお知らせで確認ください
・2024.02.09 行事予定表更新しました
    2023年度第8回幹事会開催案内が確認できます
     日時:2月22日(木)13:00~16:00 Zoomオンライン開催

・2024.02.07カワラノギク保全活動更新しました
    1月中旬から播種に向けての圃場整備を行っています
      ・2024.02.01 行事予定表更新しました
    2023年度第8回幹事会開催します
     日時:2月22日(木)13:00~16:00 Zoomオンライン開催


※更新履歴一覧(2024年1月以前)は こちら


2023年度桂川・相模川流域シンポジウム 
テーマ:命とくらしを守れるか  新たな水害対策
~住民参加で考える流域治水~

2023年度流域シンポジウム動画について
※桂川・相模川流域協議会の会員限定での公開とします
    入会をご希望になる方は 両県事務局までお問い合せ下さい
[神奈川県事務局 山梨県事務局]



   出典:国土交通省 水管理 国土保全局HP 「流域治水 川ナビ」より


相模川上流神沢河原 カワラノギク保全
神沢河原に新しくできた圃場で 
『種まき』を行ないました
日時:2024年4月6日(土)10:00~11:30
場所: 相模原市緑区大島「神澤不動尊」先の河原




相模川下流神川橋河原 カワラノギク保全
カワラノギク圃場に看板設置   ロゼット成長、発芽多数
 
2024年3月 さむかわエコネットと共同で玉石浮かし作業



カワラノギク播種の様子をYoutube動画で紹介します




湘南野鳥図鑑・湘南水辺の探鳥マップ
※画像をクリックするとpdfファイルが開きます



桂川・相模川流域協議会紹介ポストカード
※画像をクリックするとファイルが開きます
桂川・相模川流域協議会のイベントなどでお配りします

【天然アユの産卵バージョン】   【カワラノギク保全バージョン】


【桂川・相模川流域協議会紹介】



流域シンポジウムイメージ
(イラスト:安斉俊氏)

住民参加で考える流域治水」
2023年度


「森を動かす Part2」 
2022年度



「森を動かす」 
2021年度


※クリックすると拡大します

桂川・相模川クリーンキャンペーン

天然アユ産卵映像記録事業
ページはこちら

↑ 散乱場所の造成作業  ↓アユが群れて産卵する


流域マップを改訂しました
(2024年3月改訂版)


桂川流域(都留市)長慶寺の梅花藻





桂川・相模川流域の湧水を訪ねて
『仙小倉橋下相模川河川敷の湧水』

Youtube動画で紹介します


 イベントのお知らせ 
相模川さがみ地域協議会 『石老山散策ツアー』 実施します
※画像をクリックするとpdfファイルが開きます


【石老山散策ツアー】
 午前は、顕鏡寺に眠る柳原白蓮さんのお話を、地元の土地所有者、大神田さんにお話しいただきます。
 午後は、石老山の自然観察行い、会員の有井鈴江さんに植物についてお話していただきます。

【石老山(せきろうさん)】
 神奈川県相模原市にある標高702メートルの山で、関東百名山の一つです。
 相模湖の北麓に位置し、豊かな自然に恵まれています。約600万年前に深さ数千メートルの海溝にたまった「礫岩(れきがん)」という岩石が全山に分布し、巨岩や奇岩に富んでいることからこの名がつけられたとされています。
 山道には多数の奇岩が有名で、手軽に登れることから日帰りハイカーに人気があります。
   出典:Google AIによる概要(試験運用版)記載内容より


相模川湘南地域協議会 『相模川クリーンキャンペーン』 実施します
※画像をクリックするとpdfファイルが開きます

 
 海に流れ出たプラスチックは、太陽光にさらされ、波に揉まれ、マイクロプラスチックとなって漂流し、海に漂う化学物質を吸着します。
 マイクロプラスチックに吸着された有害な化学物質が、海洋生物に取り込まれて濃縮蓄積され、私たちの食べる魚介類が汚染される可能性があります。
 相模川から海に流出して漂流する前に、最下流の馬入海岸干潟で流れ着いたプラスチックごみ拾いを行います。

【注意事項】  ◎ごみ袋、軍手は相模川湘南地域協議会で用意します
 ◎砂浜で作業が出来る服装でお越し下さい
 ◎お車でのご参加は事前に連絡下さい
  ※当日は、検温、連絡先の記入、などの事項への協力をお願いする場合があります
【問合せ先】(平日のみ) 神奈川県湘南地域県政総合センター 環境保全課 0463-22-2711(内線2233)
【雨天時の問合せ先】(当日のみ)  峯谷090-9340-6453



桂川・相模川流域協議会 『流域マップ』 改訂しました
※画像をクリックすると拡大してご覧になれます

[桂川・相模川流域協議会紹介]

 [桂川・相模川流域市町村紹介]




桂川・相模川流域協議会 会報誌 『あじぇんだ113(52号)』 発行しました
※画像をクリックすると全ページ(pdfファイル)がご覧になれます

[表紙]                      [裏表紙]
  


2024年度 桂川・相模川クリーンキャンペーン予定表
2024年度前期予定を紹介します
※クリックするとpdfファイルで確認できます
 


カワラノギク保全活動に係る 相模原市立 夢の丘小学校へ環境学習の支援をしました
【日時】3月8日(金)9:30~11:00  【対象】相模原市立夢の丘小学校(小学3年生)
【学習支援概要】
 光明学園高校の教諭から相模川におけるカワラノギクについて講義をうけた子ども達から「カワラノギクを守るための寄付をしたい」と意見が出て募金活動を行なった。そして、カワラノギク保全活動をしている桂川・相模川流域協議会に寄付をして頂けた。  桂川・相模川流域協議会からは、環境学習型として座学と実地での学習支援を行なった。
[座学]
 ・なぜ、カワラノギクは絶滅危惧種になってしまったのか?(質疑応答)
 ・カワラノギクを育ててみよう!(実地の事前学習)
[実地]
 ・カワラノギクの種まき、育成 
  ①土や玉石の比率による複数パターンでの育成
  ②育成状況の共有
【学習実施後のコメント】
 ・小学3年生総合学習の際、カワラノギク保全活動を説明受けた後に、みんなでプランターに種まき・苗植を行いました。
 ・子供たちは真剣に学んでいました。
  カワラノギク・ホタルの募金箱                  小学生から募金の手渡し
 
 カワラノギク保全活動座学後の意見発表             個別の実地(種まき)作業    

 


流域シンポジウムポスターでお馴染みの 「安斉俊氏」のイラスト展
日時:3/16(土)~3/24(日)10:00~18:00 (終了しました)
  会場:横浜市瀬谷区民文化センターあじさいプラザ 3F ギャラリー2
 ※3/16、3/17 安斉俊氏が在廊したので訪れました
 
「生きもの」がいきイキと会場いっぱいに躍動していました


桂川・相模川流域シンポジウム (安斉俊氏コメント)
      桂川・相模川流域協議会が毎年行なっているシンポジウムのポスターを2018年から担当しています
                       たのしく  わかりやすく  とっつきやすく
              川のことを知るきっかけになればいいな
と想いを込めて描いています







相模川湘南地域協議会 「フィールドワーク研修」実施しました
実施日:2/29(木) 会員、カワラノギク保全参加者など22名参加
  桂川・相模川の最下流で活動する仲間が源流を巡り交流
 道志村「養老の森」、富士吉田市「富士山の銘水」見学など

道志みち沿いの雄滝・雌滝                      大渡の水汲み場   
 
茅葺古民家 白想亭で大田昌博氏から源流の里・道志村についてお聞きした
 
富士吉田市「富士山の銘水」工場見学
 



第1回 木づかいフェア (終了しました)
2/23(金・祝)24(土)10:00~16:30
場所:三井アウトレットパーク 横浜ベイサイト 1Fくじらの大屋根広場 3Fベイサイドラウンジ
主催:神奈川県(環境農政局 緑政部 森林再生課)企画運営:NPO法人チルドリン

※クリックすると拡大して見れます




相模川さがみ地域協議会 ツリークライミング講習会
2月3日(土)相模原市南区勝坂地区の「鳩川・縄文の谷戸」で開催
※子供たちは笑顔と歓声で大喜びでした

ツリークライミングとは  専用のロープや安全帯、安全保護具を利用して木に登り、木や森、自然との一体感を味わうことができる。また、樹の上からはこれまで見たことのない森の景色が広がり、自然を体感して新しい発見が得られる。
   



オンライン勉強会 「水の安全について学ぶ~PFASってどんなもの?~」開催しました
主催:桂川・相模川流域協議会 協力:道保川を愛する会
日時:3月24日(日)13:30~15:30 ※延長最大16:00終了
講師:原田浩二氏 (京都大学大学院医学研究科環境衛生学分野准教授)
オンライン参加者:46名の方が参加されました

※クリックするとpdfファイルで確認できます



2023年度第3回 全国川ごみネットワーク オンラインセミナー参加しました
マイクロプラスチック汚染はなぜ問題化 ~人工芝を中心に~
日時:2月8日(木)19:00~21:00 セミナー、質疑応答&意見交換
講師:栗岡 理子さん(環境ジャーナリスト)

※「栗岡理子さんの講演資料2024.2.8より」転載許可を得ましたので一部を紹介します
    
  
  
  


相模川神川橋下流 カワラノギク保全活動紹介します
2月の保全作業は種まきの準備として圃場の玉石を浮かせます
作業は玉石を浮かせてから土壌をならして玉石をきれいに敷き詰めます

※作業の様子をご覧ください。
  
  
  

2023年度 さがみ自然フォーラムパネル展示で参加しました
日時:2月8日(木)~2月12日(月・祝)17時まで
主催:厚木市/NPO法人神奈川県自然保護協会
[会場]アミューあつぎ5F あつぎアートギャラリー他

※会場の展示内容をご覧ください。
     
  
  
  
  

笹子川河川清掃  (積雪のため中止になりました)
桂川の支流・笹子川の川辺をきれいにしよう!
日時:3月2日(土)10時00分~11時00分
主催:桂川・相模川流域協議会
[集合場所]旧笹子小学校グランド [清掃場所]笹子川橋下流の河川敷

※申し込み方法など、詳細は画像をクリックしてpdfファイルで確認ください。




相模川さがみ地域協議会が実施した活動を紹介します
 1)道保川で楽しもう!
日時:10月21日(土)10時00分~12時00分
協力団体:道保川を愛する会

  
【実施内容を紹介します (生き物観察 講師:門間光次氏)】 
 川の生き物観察会では30種類くらいの生き物を観察することができた。道保川には70種類くらいの生き物がいるようです。
 道保川の水質(相模原市で高濃度PFASが検出されている)が気になるところだが、東京新聞と京都大学の原田浩二准教授の研究室が共同調査しているところです。
 (実施後の会員コメント)
 なお、本件にかかる内容が以下の記事で紹介されています。
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/302128
 ※相模川さがみ地域協議会が実施・協力した内容として紹介されています。 

2)陣馬山ハイキング!
【流域探訪】相模川流域の山や森を実踏しその自然や文化に親しむ活動です
陣馬山は神奈川県と東京都の境にあり、頂上に大きな白馬が鎮座している

・若い親子連れの参加が多かったので賑やかで楽しい行事となった
・子どもたちが元気に山登りをしたので驚くほどだった



2023年度 桂川・相模川流域シンポジウム開催しました
命とくらしを守れるか 新たな水害対策
~ 住民参加で考える流域治水 ~
[日時] 11月25日(土)13:00~16:00
 えびな市民活動センター ビナレッジ



11月25日(土)開催内容の一部をご覧ください
第29回桂川・相模川流域シンポジウムプログラム
講演された嘉田由紀子氏(元滋賀県知事・現参議院議員)が相模川を訪れ、実行委員長が同行し説明した
  
テーマの「住民参加で考える流域治水」に関係する京浜河川事務所+流域19市町村の洪水ハザードマップなどを展示した
  
  
  
  
内野海老名市長に開催地挨拶を頂き、基調講演(嘉田由紀子氏)、事例発表、トークセッションを行った
  
  
※詳細については、後日に発行する「会報誌アジェンダ113(52号)」、「2023年度活動報告書」で報告します



相模川上流 神沢河原、六倉河原のカワラノギク調査に出かけました
相模川さがみ地域協議会が河原での自生を目指した保全活動をしています
【相模川左岸 神沢河原】 11月23日

  
  
【相模川右岸 六倉河原】 11月23日
  
  


神川橋下流河川敷カワラノギク保全活動 花が終えた後の作業を紹介します
※圃場周りの草刈りや玉石を運んでカワラノギクが生育し易い河原を再現します
  
  
  
保全作業に参加して頂ける方をお待ちしています!!



相模川左岸 小出川源流(駒寄川)清水谷の自然環境保全活動参加しました
日時:11月18日(土)9時30分~11時30分 主催:清水谷を愛する会 後援:茅ヶ崎市
場所:茅ヶ崎市特別緑地保全地区 清水谷 陽だまりの丘北側の樹林

 

【清水谷特別緑地保全地区の概要について】出典:茅ヶ崎市ホームページより
 茅ヶ崎市の北部丘陵の東側に位置する清水谷(しみずやと)は駒寄川の源流の一つで、湿地、樹林地、草地、斜面林が今もまとまって残されています。土地所有者の方々や市民団体の長年にわたるご協力により良好な自然環境が保たれており、多様な生き物が生息、生育しています。
※11/18(土)実施した樹林の実生木の伐採作業などを紹介します
  
  
  
  
毎週火曜日に清水谷を愛する会の皆さんが、保全作業(草刈りや落ち葉掻きなど)を行っています。


湘南学園高校1年生総合学習支援を行った
日時:11月9日(木)9:00~12:00 場所:城山ダム、城山ダム流芥置場
※中学3年時の総合学習支援に引き続いて相模川を学ばれた


 
 
 
 


お花見会: 相模川左岸神川橋下流河川敷のカワラノギク
11月4日(土)11月5日(日)(会員が説明しました) 

 
 
 
河川敷にも自生したカワラノギクが見られるようになりました
  
圃場に類似したノコンギク(4株)が咲いています
 

桂川 河川クリーンキャンペーン実施しました
日時:10月28日(土)9時00分~11時00分
主催:桂川・相模川流域協議会 富士吉田市




【参加者の一言】
事前準備の草刈り)
  午後は土曜日の富士吉田市との清掃活動の事前準備の草刈りです。
  ああ〜〜・・・なんという・・・ごみがいっぱい!
  アレチウリがいっぱい!それも実がたくさんついてる〜〜〜
  土曜日の清掃活動が楽しみ???になってきました。
  晴れろよ〜〜〜〜!!
当日の河川清掃)
  今日は富士吉田市との清掃活動。宮川を清掃しました。
  事前の草刈りでゴミの多さは確認済み。その上アレチウリまで・・・・
  約40分ほどの清掃でゴミは綺麗に!
  レジ袋の激減を体感しつつ、燃えるゴミのほとんどがプラごみ。
  ここまで来たか。やっぱり根本的に減らさなきゃダメだよね。
事前準備の草刈り
 
当日の河川清掃
 
 


天竜川流域中川村 絶滅危惧種ツツザキヤマジノギクを見学しました
日時:10月21日(土)10時~14時 見学先:陣馬形山保全地、中川村小中学校の保全地
※中川村「中川植物観察・保全の会」のK氏から各保全地での活動を紹介して頂けた

[保全地]陣馬形山キャンプ場付近(自生地の復元)...画像をクリックすると拡大して見れます
 
 
[保全地]中川東小学校、中川中学校、中川西小学校(苗を定植して総合学習として行う)
 
 


会報誌 アジェンダ113_51号を発行しました
※画像をクリックすると全ページが見れます




2022年度活動報告書を発行しました
※画像をクリックすると全ページが見れます




情報提供 相模川アユの産卵場所造成作業を実施しました
主催:相模川漁業協同組合連合会 協力:桂川・相模川流域協議会


①日時:10月19日(木)8時30分~12時頃 場所:相模川神川橋下流
②日時:10月20日(金)8時30分~12時頃 場所:相模川戸沢橋付近
【作業内容】
重機で河床を撹拌し、新たに砂利を投入して人力で均しました
造成した後、県内水面漁業協同組合連合会が育てた「相模の鮎」を放流しました

 
 
 
 
※昨年度の造成作業は手作業が中心でした
 
 


桂川 河川クリーンキャンペーン実施しました
日時:10月14日(土)9時00分~11時00分
主催:上野原をきれいにしよう会




【参加者の感想】
A)今日は恒例の、上野原をきれいにしよう会との清掃。
  始めた8年前はすごいゴミと不法投棄、釣り糸に悩まされたのを思い出します。
  今は、吸い殻や釣り糸も、ほとんど見られなくなりました。
  でも、川の中はながされてきたペットボトルなどが岸付近に流れ着いていました。
  危険なのですが、降りて拾ってくださるかたがいて、ここもきれいになりました。
B)当日は総勢約50名が参加し、多くの釣り人や水辺を楽しむ人々が集う河川敷の
  清掃活動を実施した。淀みとなっている草むらには、ペットボトル、空き缶、長靴、
  サッカーボール等の多くのごみがあり、回収することができました。
    皆様、お疲れ様でした!!

 
 
 
 
 


情報提供① 全国川ごみネットワークオンラインセミナーが開催されました
日時:10月12日(木)20時00分~21時30分 主催:全国川ごみネットワーク
セミナー:20時00分~20時45分 質疑応答&意見交換:20時45分~21時30分
オンライン参加者:50数名 (内)桂川・相模川流域協議会参加者4名 


※セミナーで講演された項目の一部を紹介します
 【セミナー】 講師 千葉賢先生
  ・海洋プラスチック問題における国際的な動き
  ・海洋に流出するプラスチックの量
  ・マイクロプラスチックと生態系の関係
  ・マイクロプラスチックの危険性
  ・伊勢湾海岸のマイクロプラスチックごみの分布
  ・徐放性肥料(樹脂被覆肥料、PCRF)の問題
  ・徐放性肥料(被覆肥料)のしくみ
  ・水田から樹脂被覆の流出のしくみ
  ・吉崎海岸のマイクロプラスチック調査(千葉研究室)
  ・全農 プラスチック被膜殻流出防止紹介、などの取り組み紹介
     ※その他、貴重な研究報告が紹介された

出典:全国農業協同組合連合会HP(プラスチック被膜殻流出防止対策)より引用
全農 プラスチック被膜殻流出防止紹介(Youtube動画)




情報提供② 第9回川ごみサミットin諏訪湖が開催されます
日時:11月18日(土)13時15分~16時45分 主催:全国川ごみネットワーク
テーマ:川と海の見えないごみ=マイクロプラスチック=を考える
※申し込み方法など、こちらをクリックしてpdfファイルで確認ください。詳しくはこちら



相模川神川下河川敷 カワラノギク開花前の保全作業
10月20日頃から見頃を迎えますのでご期待ください


 


相模川左岸 小出川源流(駒寄川)清水谷の自然環境保全活動開催します
日時:11月18日(土)10時00分~11時30分 主催:清水谷を愛する会 後援:茅ヶ崎市
場所:茅ヶ崎市特別緑地保全地区 清水谷 陽だまりの丘北側の樹林

※申し込み方法など、詳細は画像をクリックしてpdfファイルで確認ください。
 


相模川神川橋下流 寒川の河原の自然で遊ぼう!!開催しました
日時:9月30日(土)10時00分~13時00分
主催:相模川湘南地域協議会・寒川町環境課

 
 
 
石ころビンゴ 
 


桂川河川清掃 IN ふじよしだ!
日時:10月28日(土)9時00分~11時00分
主催:桂川・相模川流域協議会 富士吉田市

※申し込み方法など、詳細は画像をクリックしてpdfファイルで確認ください。



相模川さがみ地域協議会 道保川で楽しもう!
日時:10月21日(土)10時00分~12時00分
協力団体:道保川を愛する会

※申し込み方法など、詳細は画像をクリックしてpdfファイルで確認ください。



情報提供 『多摩川高校生野外教室2023』
開花期:11月3日(金・祝) 結実期:12月24日(日)
主催:明治大学 多摩川 重点研究班 協力:カワラノギクプロジェクト

※申し込み方法など、詳細は画像をクリックしてpdfファイルで確認ください。



相模川神川下河川敷 カワラノギク開花が間近です
9月下旬の保全作業(草刈り、草取り)
 
 
 

9月17日(日)さむかわエコネット共同作業
※分別回収したゴミは持ち帰り、資源ごみとして再利用します
 
 
 河原入口に捨てられたゴミを拾って分別する


石倉カゴによる”うなぎ生息調査”
第6回 相模川左岸寒川第二排水樋門地先

※9月16日(土)9:30~11:30 気温:30.4℃ 水温:30℃
 
 
 


2023年度「寒川の河原の自然で遊ぼう」開催します
日時:9月30日(土)10:00~13:00(参加費無料)
場所:相模川左岸(寒川町側)神川橋下流の河原




相模川神川橋下河川敷、真夏の「カワラノギク」保全活動
成長した雑草の抜き取り、圃場周りの草刈りで汗を流します
 
 
 


マイクロプラスチック勉強会 「人工芝の環境への影響」 実施しました
日時:2023年8月19日(土)10:00~12:00 オンライン参加者30名
講師:鎌田 素之氏(関東学院大学理工学部理工学科応用化学コース准教授)

※講演内容は以下による

 ・マイクロプラスチックの基礎
 ・人口芝由来のマイクロプラスチックに関する研究事例
 ・最新のマイクロプラスチックに関するトピック
人工芝の環境への影響(オンライン勉強会開催趣旨)
 海のプラスチック問題というと、亀の鼻にストローや海鳥の胃の中のプラスチックが思い出されます。川ごみで多かったレジ袋やペットボトルも記憶に残る方が多いと思います。
 私達は、海からの漂着ごみから、それが川を下ってきたものだと分かり、街からライフスタイルへと対策を考えてきました。まさに「使う責任」への言及でした。
 その中で当初から言われてきた人工芝。言われてはいたけれど実態はレジ袋やペットボトルに隠れてあまり注視されていませんでした。特に屋外のスポーツ施設に施工されている人工芝は施工へのガイドラインもなく増え続けています。その実態はどうなのでしょうか。芝だけではなく、充填剤は有害ではないのでしょうか。
 「桂川・相模川流域協議会」の活動の中核を為す「川ごみ・プラスチックごみ対策事業」は、人工芝の実態についての勉強会を開催します。


2023年度上下流交流事業「皮むき・伐採体験」
流域環境が大きく異なる上流部(桂川)と下流部(相模川)相互の理解を深めるために市民の交流を行う
2023年8月6日(日)10:00~15:00 
都留市「月待の湯」付近の森林
 (交流参加)NPO法人 暮らしつながる森・里・川・海
技術指導:NPO法人 森の蘇り きらめ樹やまなしの皆さん


【きらめ樹~森が人が煌めく山梨~】
「きらめ樹」とは、皮むき間伐の愛称。
女性も子どもも、みんなができる森づくり!それが、きらめ樹です。
木肌きらめく、森きらめく、新しい生命きらめく、の意味を込めています。
きらめ樹(皮むき間伐)とは、竹ベラを使ってヒノキやスギの皮をむき、立ったまま天然乾燥をかけることで、森に光を入れ、その材を6次産業化して暮らしに生かして行く間伐手法です。

      きらめ樹は、女性も子供も森づくりの主役です。

   出典:NPO法人 森の蘇り きらめ樹山梨・森の蘇りページより
上流域(桂川)での「皮むき・伐採体験」参加者の感想
【子供さんの感想】
*とても楽しかったです。(多数)
【保護者の感想】
*途中で雨が降ってきてテンションは下がったが、木の皮むきの時は夢中になって作業をしました。
*小学校低学年のため、どこまで理解できたか疑問ですが、体験としては忘れられないと思います。
*山の現状についてとても勉強になりました。
*木の皮むきはとても楽しいと聞いていましたが、どうして皮むきをするのかを知りたかった。
*林業に携わる仕事は一番危険で受け継ぐ人も少ない中、とても重要視される問題だと感じました。
*日本は世界第2位の森林保有国にも関わらず、需要率が少ないことも問題だと知りました。
*今後も未来のために輸入に頼らず国産の木を使用できる環境ができたら良いですね。
*きらめ樹やまなし、スタッフの皆さんの対応は素晴らしかったです。
    ※参加者の感想はアンケート結果による

 
 
 




桂川・相模川クリーンキャンペーン2023
[2023年8月~2024年3月]
 桂川・相模川流域協議会では、山梨県・神奈川県の両県民が一緒になって、流域全体の環境を保全するため、ゴミの清掃活動や水質調査などを流域各地の団体と協力して実施します。
 皆さんの参加をお待ちしております。
          ※下表をクリックするとpdfファイルが開きます




石倉カゴによる”うなぎ生息調査”(第6回)
相模川左岸 寒川排水第2樋門付近入水辺の楽校付近

日時:9月16日(土)9:30~12:00 現地集合、解散 
※子供たちの生き物観察会を同時開催します 募集人員:大人10名、子ども10名
【石倉カゴ生き物観察会】
・石倉カゴで捕獲した生き物を観察します
・ウナギやカワアナゴなど相模川の貴重な生き物が観察できる
・危険な場所ではないので誰でも参加ができます
 ◎子どもさんの安全には付き添いの方が注意して下さい
  ◎持ち物、濡れても良い靴、服、着替え、飲み物など準備
生き物観察会 申込先など詳細はこちらをクリックして確認ください


石倉カゴによる”うなぎ生息調査”
第5回 相模川右岸馬入水辺の楽校付近

※7月30日(日)9:30~11:30  (湘南生き物楽校)
 
 
 
 


2023年度上下流交流事業「水ガキ養成講座」開催しました
流域環境が大きく異なる上流部(桂川)と下流部(相模川)相互の理解を深めるために市民の交流を行う
夏空の下で子供たちは 「水ガキ」になった
※7月22日(土)10:00~14:00 相模川神川橋下流河原

下流域(相模川)での「水ガキ養成講座」参加者の感想
【子供さんの感想】
*すごく楽しかった!またやりたい。
*カヌーはこぐのが大変だったけど楽しかった。
 生き物調査も色々な生き物が捕れて嬉しかった。また参加したいです。
*カヌー体験は初めてでした。とても楽しく友達を誘えばよかったと思いました。
*普段は川で遊ぶことが禁じられているので、遊べる川が近くにあったら良いなと思いました。
【保護者の感想】
*子供たちにとって、すごくいい経験をさせてもらいました。
*自然の中で楽しく遊び、この環境を大切にできる人になってくれたらいいなと思いました。
*安全にこのような体験をさせてあげることがなかなかできないので良いきっかけになりました。
*カヌーは危険だろうと言われた中で参加したのでおっかなびっくりでしたが楽しかったです。
 子供のすごく楽しそうな笑顔をみたのでなおさら感激しました。
*緊張で力が入っていたのか、今日は手足が痛いです。
 スタッフの方が良く面倒を見て下さり感謝です。
   ※参加者の感想はアンケート結果による
 
ガサガサで生き物調査(講師の諏訪部晶さんから採取した生き物の説明)
 
初めてのカヌー体験、バドルさばきも上手になりました
 
 
子供たちは水ガキになった‼
 
 
 


カワラノギクプロジェクトZoom講演会
[開催済み]参加して意見交換しました

日時:7月27日(木)10:00~11:30
テーマ:天竜川の河原に生息するツツザキヤマジノギク        
 講演者:中川さやかさん
(お茶の水女子大学グローバルリーダーシップ研究所特別研究員)
主催者:明治大学農学部 倉本宣教授(多摩川重点研究代表者)  
ツツザキヤマジノギクについて紹介します 
出典:中川村 Webサイトhttps://www.vill.nakagawa.nagano.jp/soshiki/kensetsu/6226.html


※Webサイト「HiroKen花さんぽ」管理者のご厚意でWebサイトの掲載許可が頂けました
https://www.hanasanpo.org/
ツツザキヤマジノギク、カワラノギクなど「野山に自然に咲く花」が紹介されています

※意見交換会で感じたことを記載します
【カワラノギク保全活動で生かせること】
・プロジェクトとしての保全活動
・カワラノギクの多様性について(舌状花、株など) 
・河原の植生分布についてモニタリング
・保全エリア(種子の供給源)確保
・地域が主体となった保全活動との協働
※出典:国土交通省 天竜川上流河川事務所調査課「天竜川における河原植物の保全について」より



流域治水オンライン勉強会実施しました
「流域治水と森林」

画像をクリックするとpdfファイルが開きます 
国土交通省「流域治水推進行動計画」、蔵治教授の研究をもとに説明された
【勉強会の趣旨】
・流域治水(国の事業)の概要と森林での施策
・大雨時に「緑のダム」は保水力がなくなるのか
・森林はどれだけの水をためられるのか
・治水計画に市民が関われるのか
・市民ができることはあるのか
出典:国土交通省Webサイト(https://www.mlit.go.jp/river/kasen/suisin/pdf/keikaku_gaiyo.pdf)



2023年度石倉カゴによる”うなぎ生息調査”
第3・4回 相模川左岸寒川第2排水樋門

※ 調査ではウナギ、その他の魚、エビなどの体長・重量を測定します
  
  
動画 調査後はウナギ、その他の生き物すべてを川に戻しました
「外来生物法」で特定外来生物に指定のブルーギルはその場で殺処分をした



水環境学会2023年度「水環境保全活動奨励賞」
桂川・相模川流域協議会受賞

画像をクリックすると表彰状が拡大します 
     
受賞式での活動発表をYouTube動画で紹介します 
 


2023年度石倉カゴによる”うなぎ生息調査”
第2回 相模川左岸寒川第2排水樋門

※ 水路から相模川に流れ込むワンドに石倉カゴを2梱(こり)設置しています
  
石倉カゴから石を取り除いて生息するうなぎや水棲生物を調査します
 
やはり、うなぎが入っていると歓声が上り、楽しく測定できます
 


YouTube



2023年度 相模川美化キャンペーン
馬入の河口干潟でプラスチックごみゴミ拾い

※ 曇り空で富士山は見えませんでしたが、馬入の干潟をきれいにできました
  
海に流れ込む前のごみ拾いで漂流するプラスチックを減らします
 
今日は他の団体と一緒にゴミ拾いができました
 

「滝沢ごみクラブ」とコラボしました     ハマヒルガオがきれいに咲いています
 

プラスチックが波や砂にもまれ、強い紫外線にさらされ、マイクロプラスチックになります
※相模川河口クリーンキャンペーンではこのようなプラスチックごみを拾います
 


2023年度石倉カゴによる”うなぎ生息調査”
第1回 相模川右岸馬入水辺の楽校付近

※読売新聞 湘南版(5月10日朝刊)に記事を掲載していただけました


動画
調査記録 クリックすると調査内容が見れます
 
 


相模川クリーンキャンペーン 相模川湘南地域協議会
日時:5月14日(日)9時~11時 「滝沢ごみクラブ ごみフェス2023」とコラボします
※滝沢ごみクラブはごみ、清掃員でお笑い芸人の滝沢秀一さんと一緒に、ゴミを減らすためのクラブです
(「マシンガンズ 滝沢秀一さん」は、2019年度流域シンポジウムで基調講演されました)
相模川クリーンクリックするとpdfファイルが開き詳細が確認できます
 


2023年4月カワラノギク保全活動
相模川左岸神川橋下流圃場の草取り

動画 クリックすると空撮動画が見れます
 
 
 


2023年度うなぎ生息調査
石倉カゴ設置作業_相模川左岸寒川第2排水樋門

動画クリックすると玉石準備作業が見れます
 
動画クリックすると石倉カゴ設置作業が見れます
 
 


アジェンダ113 第50号発行しました
※画像をクリックすると全ページが見れます



第22回さがみ自然フォーラム_パネル展示
”気候変動と神奈川の生物多様性”

※2023年2月9日~2月13日 会場/アミューあつぎ5F あつぎアートギャラリー
会場展示は終了しました
動画  ←クリックするとパネル展示内容が動画で見れます
  



相模川神川橋下流カワラノギク保全活動
空撮動画で紹介します
”広大な河川敷、中央を流れる相模川、富士山と大山の遠望”

「空撮動画」 ←クリックすると動画で見れます
 


シンポジウム
「多摩川におけるカワラノギク野生絶滅をめぐって」
※2023年2月25日(土)13:15~15:30 
会場:国立商協ビルさくらホール+オンラインZoom配信
盛況にシンポジウムが終了しました

<画像をクリックするとpdfファイルが開きます>




[過去の桂川・相模川流域シンポジウムイメージイラスト]

(イラスト:安斉俊氏) 
 
「海洋汚染とプラごみ」 2019年度        「ウナギの棲む川づくり」 2018年度
※イラストをクリックすると拡大します


アクセスカウンター アクセスカウンター アクセスカウンター

  山梨県では桂川と呼ばれ、その水源は、富士山山麓にある山中湖に発し、途中では有名な忍野八海の名水が流れ込んでいます。多くの支流と合流しながら、山梨県の都留市、大月市を流れ、相模原市より神奈川県に入り、相模川と名前を変えます。相模湖、津久井湖のダム湖を経て、いくつかの支流と合流し相模川は相模湾に注いでいます。その流域は山梨県と神奈川県の2県にまたがり流域面積は1680平方km、流域の長さは113kmの一級河川です。流況は比較的安定していますので、豊かな自然環境を生み出す源泉となり、また上水道、農業用水、水力発電、工業用水などと多目的に利用され山梨県、神奈川県の県民の生活には欠かせない存在となっています。
 こちらから
お問い合わせ下さい

index.htmlへのリンク

kaiinpage.htmlへのリンク